今日の食材は「ズッキーニ」。
ズッキーニは寒性の食べ物です。体の熱を取り、過剰な水分を排出しつつ、体を潤す効果が期待できます。
ズッキーニはかぼちゃの仲間なので、βカロテンが豊富。また、ビタミンCやカリウム、鉄も含みます。
βカロテンが豊富なので、油との相性も良く、暑い中では、同じく微寒性のトマトとの相乗効果で暑気対策に、ラタトゥイユなどもこの時期のおすすめです。

「うなぎ」
そろそろ土用の丑の日です。土用は各季節にあります。立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用と言います。この土用は脾と言う臓器が影響を受けます。特に湿気に影響を受けやすいのが脾ですので、土用の時期は体の湿気、余計な水分を排出する事を心がけて頂くと、季節の変わり目に対応できます。
そんな土用ですが、うなぎには補気、去風湿の作用がある平性の食べ物です。体のエネルギーを補える食材です。
うなぎには豊富なビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンD、ビタミンE、不飽和脂肪酸が含まれます。

今回は土用の丑の日が近いということで、うなぎにしました。本来はうなぎの旬は10月から12月。でも、これは天然うなぎに関して。今はほとんど養殖ですので、夏の食材として書いてみました。