前回のブログでは指の静脈の長さや色味で言葉がまだ話せない子供の状態を確認する方法を書きました(前回のブログはこちらから)。

今回は自宅でもできる子供の養生法の1つ、小児鍼を紹介します。

小児鍼

鍼と聞くと痛そう、自宅では無理など想像してしまいますが、小児鍼は「刺さない鍼」です。

実際はこのようなもの(上はてい鍼、下は使い捨て小児鍼です)を使い、お子様の肌に直接さすったり、突起部でごくごく弱い力で叩くように接触させる方法です。

だいたい首の座る生後2か月くらいから小学校中学年くらいまでが対象です。それ以上は通常の鍼を使うことが多いので。逆に大人の方でも鍼に敏感であったりする場合は接触鍼として同様の鍼を使うことがあります。

小児鍼はどんな時に使うのか

夜泣きやおねしょ、疳の虫のような落ち着きがない場合、小児のアレルギー疾患など子供の頃の様々な状態に使います。

ただし、高熱時や感染症、脳疾患、骨折・脱臼などの場合は行いません。

自宅では

普通、上で紹介したような鍼を持っている方はいらっしゃいません。そこで、代用として「歯ブラシ(やわらかめ)」や「ステンレススプーン」などを使うことができます。

上の図の青い線は撫でてあげる場所、赤い部分は軽くトントンと叩くようにしてあげる場所です(*ただし頭頂部や頭はまだ骨がしっかりと癒合していない部分があり、危険な場所ですので2歳になるくらいまでは刺激を与えないでください)。

まずは背面からやると良いと思います。背中の青い線を肩甲骨周り、腰回りの順で歯ブラシの場合は軽くシュシュと皮膚を撫でるように、スプーンも同様に凸面で撫でるようにしてください。

次に背面の赤い部分を歯ブラシのブラシ部分でトントンと叩いていきます。

次は前側。胸の部分は特にトントンと叩くような方法をメインとするといいと思います。そして、青い線を撫でてあげながら、胸とお腹の境目辺りをトントンと叩きます。お臍の周りを時計方向に撫でてあげたら終了です。

ここまでおよそ5~10分です。撫でるにしても叩くにしても皮膚がほんのり桜色程度になったら十分です。やりすぎは禁物です。

また、1人でやる場合は抱っこしながらスキンシップを図りながら、歌を歌いながらでもいいです。話しかけながらでもいいです。コミュニケーションの1つとして小児鍼を取り入れてみてはいかがでしょうか。2人でやる場合も一方が抱っこしてあやしながら、もう1人が小児鍼をやるという具合です。

まとめ

小児鍼は子供の養生法の1つとして取り入れていただける方法です。

うまくやる必要はありません。やる側が神経質になるものでもありません、あくまでコミュニケーションの1つくらいに思ってやるのがちょうどいいです。やりすぎも良くないです。

やり方がわからない、あっているか不安などの場合は行きつけの鍼灸院で実際にやってもらってもいいかもしれません。