秋は気候も安定し、様々なことを取り組むには最適な季節です。しかし、秋には汗をたくさんかいたりすることには注意が必要です。どの季節もそうですが、その季節を上手に養生することは次の季節を快適に過ごすために大切なことです。

秋は容平

古典には「秋は容平」という言葉があります。容平とは「収穫」という意味があります。春に芽吹いた草木が、夏に盛んになり、秋には実をつけ収穫される。そのような自然の流れから容平という言葉が使われたのでしょう。

人間にとってもそれは一緒です。収穫後の大地が新しい風、空気にさらされ大地と空気が新しく混ぜ合わせられるのと一緒で、人間も新しい気を体内に取り入れ、今までのものは外に出さなくてはならない、そういう意味では、夏までは気が外に向かって発散する状態だったものが、秋になって、今度は気を取り入れようと内側に向かっていきます。そして、秋をつかさどる五臓は肺です。肺は体の防衛線の重要なバリアである皮毛をつかさどります。気が外向きから内向きに変わり体の防衛線をつかさどる肺に影響を受けやすい秋には風邪をひきやすいのは当然のことかもしれません。

秋と肺

今書いたように、秋は肺に影響が出やすい季節です。秋の空気は夏のものに比べ湿気が少なく乾燥しています。肺は乾燥を嫌う臓器ですので、汗を大量にかくようなことは、体の水分を外に出してしまいますので、さらに体を乾燥させ、喉や気管に負担をかけます。汗をかいたらこまめに拭くなどして、あまり体の水分を外気に当てないことが大切です。

また肺は東洋医学では大腸と表裏の関係です。肺が弱まれば、大腸の働きに異常をきたし、冷えと相まって秋から冬にかけて下痢が多くなります。秋の過ごし方でこのような状態を未然に防ぐことができます。

秋の食事

以前にも薬膳的には酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味(塩辛い)の5つに味が分かれます。秋は辛味の季節です。秋に辛味のある食材を使うことで肺を滋養することもできます。

辛味には、生姜やネギ、鶏肉、大根、らっきょう、落花生、しそ、唐辛子、ニンニクなどが分類されます。

ただし、辛味を摂りすぎることもまた秋の養生からははずれます。辛味は陽気を盛んに動かすのですが、動かしすぎれば先ほど書いたように外向きの気の流れが生まれます。陽気が発散され過ぎると結局体から水分が失われ、潤いをなくします。ほどほどにとりながら養生にいかしてください。

まとめ

秋は収穫の季節、体もこれまで陽気を発散させていた外向きから冬にむけ内側に貯めようとする季節になります。汗をかいたらすぐに拭く、薄着などして体から熱(陽気)を外に出しすぎないようにすることが大切です。

また乾燥に注意し、適度に辛味のある食べ物で体を滋養していくと冬に向けて準備できる過ごし方になります。