秋は東洋医学において「肺」が関係する季節とされています。

今回から何回かは(何回になるかは未定です)、秋の養生が次の季節、そしてその次の季節の養生につながり、それが春先の花粉症対策になるという視点で書いてみます。

秋の養生

秋は「容平」と言われます。この容平とは「収穫」という意味です。秋は「実りの秋」ともいわれます。このようにこの季節はこれまでの活発に成長してきたものが一旦収束し、実りとなっていく時期です。草木は種を作り出し、そこに翌年のエネルギーをため込もうとします。収穫ですので、一度ここまでの成果を刈り取ってきれいに入れ替える準備をしましょうという事です。

人間も一緒です。人間のエネルギーの1つに「気」がありますが、この気は、秋は外向きの流れから内側に向かっていきます。この時期は、あまり新しいことを頑張って行ったり、活発に動こうとせずに静かに過ごし始めなくてはなりません。過度の活動は、肺に影響を与えます。過度な活動による肺の負担は、次の冬に便通の異常などを引き起こします。

肺(東洋医学)

肺は、空気を取り入れ(天の気)、食べ物から得た気(地の気)と相まって体中にエネルギー(気)を送ります。これを宣発粛降といいます。これが異常をきたすと咳など呼吸の異常が出てきます。

肺は皮膚とも関係が深いです。皮膚が丈夫であれば防衛力が増しますが、肺が不調になりこの防衛力が低下することで、悪寒・発熱、風邪、異常な汗や無汗、乾燥肌などが出てきます。

また、体の水分にも影響を与えています。主だっては腎なのですが、水分代謝ににも影響を与える肺の不調は浮腫みや痰として現れます。

このように肺の作用がありますが、同時に肺は大腸とも深い関係にあるので、冬の便通異常につながってしまいます。

食養生

この秋は食欲の秋ともいえますので、なんでもおいしいと感じるかもしれませんが、先ほど書いた肺を養生するものは「辛味」のあるものです。

辛味のある食材としては

にら、玉ねぎ、大根、しそ、生姜などです。

イメージとしては薬味のようなもの達です。これらを上手に普段の食事に取り入れることで肺に潤いを与え、肺を丈夫にしてくれます。

まとめ

秋は、それまでのように活発に動き回るのではなく、これまでの集大成をかねていったん落ち着いていろいろなことをまとめてみる時期です。そうすることで秋に影響が出やすい肺を健やかに保つことができます。

肺は様々な働きがありますが、主だっては

・気をつかさどって、それを全身に回す作用があります。これが不調になると咳などの呼吸器系等の不調が出てきやすくなります。

・皮膚をつかさどっているために、体の防衛力に影響が出ます。不調によって、風邪をひきやすかったり、乾燥肌になったり、汗の異常などにもつながります。

・水分代謝に影響がでますので、浮腫みなどもこの時期では肺の不調が考えられます。

このような肺を養生するためには辛味のある食べ物を上手にとることも必要です。

次回は、この肺と関係の深い大腸の働きを見ていきます。