前回のまとめ

前回のブログでは、秋の養生について書きました。秋は物事を収穫する時期でそれは人間も一緒で夏のようにエネルギーを発散させるよりも、次の冬に向けて体にエネルギーを集める時期です。

この秋と関係が深い五臓が「肺」という事になります。

東洋医学では物事を5つに分けて考え、それが根源的な構成要素「木、火、土、金、水」のどこに配当されるかを考えます。それを示したのが、だいぶ以前も使った表ですが、東洋医学における五行色体表と呼ばれるものです。

これで見ると秋は肺が関係することになります。季節としても秋は乾燥しやすくなり、肺にとって乾燥は好ましくないので、秋になると肺が影響を受けやすくなります。本来エネルギーをため込んでいく季節なのに、乾燥した中でエネルギー(気)を多く使ってしまうと、次の季節に腸の不調(下痢)につながるという事を前回書きました。

秋に無理するとなぜ冬に下痢に?

上の表で見られるように秋に関係するのは「肺」そして「大腸」も関係します。これは、肺と大腸が密接に関係(表裏の関係)しているからです。風邪という肺の病を大腸のツボを使って対処することがありますし、皮膚(これは「肺」の影響下にあります)の状態を大腸のツボを使うことで対処することもあります。最近、西洋医学の見解でも「大腸をふくめ腸内環境を整える事で肌荒れを防ぎましょう」「アレルギー疾患に対して腸を大事にしましょう(「花粉症とグルテンフリー」という記事で詳しく書いてます)など言われていますが、洋の東西にかかわらず肺と大腸は関係性が深いと思います。

このように大腸と深い関係がある肺は「気(エネルギー)」をつかさどるとされています。秋にこの「気(エネルギー)」を過度に使えば、冬に気が足りなくなります。この気にはいろいろな作用がありますが、その1つにその場にとどめるという作用があります(これを固摂作用と言います)。

気が不足してしまった体で冬を迎えることで、便をとどめる力が足りなくなり下痢となり、下痢と一緒に気も漏れますので、より冬の健康状態を悪くする、だから秋の乾燥した時期にあまり気、エネルギーを使いすぎないようにすることが大事という事になります。

まとめ

・肺と大腸は密接な関係があります。

・秋は乾燥しやすく、湿潤を好む肺にとっては負担の大きい季節です。

・肺は気をつかさどり、秋に気を使いすぎると冬になって気の「とどめる力」の低下を招きます。これによって冬に下痢になり体力を奪います。

東洋医学の養生は今の季節を快適に過ごすためだけではなく、次の季節の準備としても大事になります。肺を養生する方法は前回書いていますので、できることからやってみてください。