前回、発熱に関して書いた後に「熱のある時にお風呂に入っていいものですか?」という質問を受けることがありましたので、今回は発熱時の入浴について書いてみます。

発熱時入浴のメリット

・肌を清潔な状態に保てる

・蒸気などによって喉の保湿効果を期待できる

・リラックス効果で睡眠の質を上げることが期待できる

発熱時入浴のデメリット

・体力の消耗

・洗髪による気化熱の発生で、湯冷めしやすい

発熱時入浴の条件

デメリットの面から入浴の条件を考えると、以下のような条件が発熱時入浴にはあるように考えます。

・体力の消耗を防ぐため、高熱38°以上の熱が出ている時は避けるべき。倦怠感を強く感じるときも避けた方がいいでしょう。また、解熱剤で熱を下げている時も本来は体が疲れやすくなっている状態を薬で押さえているだけですから避けましょう。

・寒気があるときは避ける。これも寒気があるという事はこれからさらに熱が上昇する可能性がありますので、体力の消耗という点で安静に暖かくして寝ているほうが賢明です。

・下痢、嘔吐がない。これは衛生的な面でも言えます。一人暮らしでは関係ないかもしれませんが、もし、このような状態で入浴してしまうと、別の方に不衛生な湯船を提供することにもなり、二次感染を促すことになります。また、入浴時の発汗で、体内の水分をさらに奪うことは得策ではありません。

これから考えると、熱が38°未満で、疲労も感じていない状況で比較的元気な状態ならば入浴は問題ないと思います。しかし、この時も、すぐに就寝できるようにする、髪をすぐに乾かす、水分摂取を心がけるなど注意しながら入浴してください。

子供の発熱時入浴

子供はさらに注意が必要です。ただでさえ体力が奪われやすい状態での入浴は気を付けてください。

・普段よりもぬるま湯にする。

・入浴後はすばやく布団に入れる。

・入浴後に水分補給を心がける。

・脱衣所を温めておく。

大人の方と変わらない条件ですが、一層の注意を払って入浴はさせてください。

発熱時に入浴させる場合の条件を守ってもらうことで、衛生的にも精神的にも良い状態を保てます。上手に体の状態を把握して入浴を心がけてください。