前回は、腸の事、腸内細菌の事をさわり程度に書いてみました。

今回は、脳と腸の関係を書いてみます。人によっては腸は第2の脳だという方もいるようですが、実際はどうなのでしょうか。

脳と腸の関係(西洋医学)

脳と腸、これは実際どの様に関係しているのでしょうか。実は、腸の働きが鬱や不眠症と関係しているのです。

セロトニン

セロトニンという言葉はなじみが少ないかもしれません。これは「幸せのホルモン」と言われるホルモンです(この他はオキシトシンというホルモンもそれにあたります)。本来は神経伝達物質の1つです。

神経細胞

神経伝達物質は、神経細胞同士での情報を伝達するものです。神経細胞同士は直接くっついてはいません。少しだけ隙間があります。その隙間を電気シグナルがある神経細胞の中を通って、その先端まで行くと電気シグナルは神経伝達物質という物質によって情報を次の神経細胞に伝えられ、脳などの指令が身体の隅々まで届くようになります。

セロトニンは、その神経伝達物質の1つです。脳内のセロトニンは、生体リズムや睡眠、体温調節などに関わり、別の伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンという興奮性の作用を抑えて精神を安定させる働きがあります。いわゆる「切れる」という衝動行動を抑制させるものです。また、鬱傾向の方もセロトニンが関係しています。

「脳内の」と書いたのは脳以外にもセロトニンは存在しています。全身のセロトニンの量はおよそ10mg。そのうち脳にあるのはその2%、8%は血液中の血小板という場所に存在し、残りの90%は腸に存在しています。

なぜ、腸が第2の脳と呼ばれるのか、その理由の1つがこのセロトニンに関係します。セロトニンは腸で作られます。ですから多くのセロトニンが腸に存在しているのですが、先ほど書いたようにセロトニンは「幸せのホルモン」、つまり精神を安定させ穏やかにする神経伝達物質としての働きのほかに、内分泌に関係するホルモンでもあります。

腸においては、腸の蠕動運動を促進させ、整腸作用をもたらします。血液内のセロトニンは、血小板の中に存在し、止血作用や血管の収縮作用に、そして、脳のセロトニンは、体内リズム(体内時計)の調節や、適度に活発に行動ができるように覚醒状態を維持するのに役立ちます。交感神経系と連動して、体内時計の調節し、覚醒状態(活発に活動出来る状態)を保ちます。脳の奥にある海馬と言われる部分での記憶や学習機能にも作用しているとされています。

腸で作られたセロトニンは、しかし脳に直接入りこめません。そこで、腸では脳でセロトニンを作り出すための前段階の物質を腸内細菌を使い作り出しています。腸に運ばれたたんぱく質(アミノ酸の集合体)は、腸内細菌やビタミンCによって、トリプトファンに分解されます。そして、そこにビタミンB6が加わることで5-ヒドロキシトリプトファンとなります。この物質がセロトニンの前段階の物質でこれは脳へ直接入りこむことができます。

ちょっとまとめます。

・腸では腸内細菌を使い様々なビタミンが合成されている。

・腸ではたんぱく質がビタミンCの力を借りてトリプトファンに分解される。

・トリプトファンは腸内のビタミンB6を使い、セロトニンの前段階である5-ヒドロキシトリプトファンが作られ、それが脳まで到達してセロトニンが脳内に存在できる。

・セロトニンは様々な作用があるが、精神の安定や、身体の活動を適度に保たせる働きがある。

・セロトニンは身体の中ではその90%が腸、8%が血液、2%が脳に存在し、気分や精神を安定させているのはこの2%のセロトニンである。

という事になります。セロトニンは睡眠のリズムを作るメラトニンの生成にも欠かせません。これが足りなくなると不眠症につながります。脳と腸がセロトニンという物質の生成をもとにつながっているか少し分かっていただけたでしょうか。腸が健康である、腸内細菌が良好な状態であるという事は、安定したセロトニン供給に影響を与える大事なことだという事です。

脳と腸の関係(東洋医学)

東洋医学には様々な原則がありますが、陰陽論もその代表格です。物事を陰と陽に分けてそのバランスが整っている事が重要という事になります。

これを腸に当てはめますと、腸は大腸と小腸にわかれ、大腸の陰陽(表裏)関係は肺、そして小腸は心となっています。小腸の異常は心に影響を与え、心の異常は小腸に影響を与えます。肺と大腸も同様に、風邪の初期に大腸の流れに鍼をして改善させたり、痔疾患を肺の流れで改善させる等もこれらの関係性で施術した結果です。

東洋医学における心は「君主の官、神明をつかさどる」という言葉で表されています。君主の官は最高指揮官というところでしょうか、五臓六腑の働きを管理している場所です。神明とは精神活動を示しています。西洋医学の心臓は全身に血液を送るポンプの役割ですが、東洋医学はどちらかというと、記憶や精神活動、意識、知覚などもつかさどる場所とされています。そして、心は神を蔵すとして、神が安定していると精神が充実して、的確な判断を下して思考行動も正しいものになるとされています。西洋医学の脳の働きにも通じるものです(ちなみに東洋医学でも脳髄という特別な腑はあるのですが)。

心経と小腸経

精神と意志をつかさどるという点で機能的には西洋医学の脳に相当する、東洋医学の心と小腸が関係しているという事がお分かり頂けたかと思います。

腸を元気にする

腸を元気にする事は、腸内環境を整えること、そして腸の蠕動運動を正しく行わせることです。

腸内環境を整えるには、腸内細菌でも善玉菌と呼ばれる菌を増やす事が大事になります。そこで、

・善玉菌を増やす食べ物を食べる

乳酸菌、ビフィズス菌を含む食べ物という事になりますが、乳酸菌にも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。動物性の代表はヨーグルトやチーズ(ナチュラルチーズ)、植物性乳酸菌は納豆等の大豆製品、ぬか漬けなどです。

乳酸菌は、食べても胃酸の影響でそのほとんどが効果を失ってしまうのですが、それをなるべく影響を受けなくさせたヨーグルトが、プロバイオティクスヨーグルト。胃酸の影響を極力少なくし、腸内へ到達させる事を目的にしたヨーグルトです。それに対して納豆等の植物性乳酸菌は影響を受けづらいとされています。

ヨーグルトにしても、納豆などにしても、ほとんどが腸内にとどまる事が少ない通過してしまう乳酸菌です。これを少しでも効率良くするには乳酸菌の栄養(餌)も同時に取る事が必要です。それが、食物繊維、オリゴ糖、グルコン酸です。食物繊維とオリゴ糖はバナナに多く含まれているので、ヨーグルトにバナナをスライスして食べる事もお勧めですし、グルコン酸は蜂蜜に含まれていますので、こちらもヨーグルトに相性がいいと思います。

理想を言えば、ヨーグルトは1日200gほど、納豆ならば50gほど摂らなくてはならないのですが、続けられる量をしっかりと継続してください。

・腸のマッサージをする

この腸は主に大腸という事になります。大腸はパーツに分けると、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸と分かれています。とくに、盲腸の部分は、小腸の最後の部分(回腸といいます)が連結する部分、そして、横行結腸から下行結腸に移行する腸の曲がる部分という所は物理的に負担がかかりますので、この部分をマッサージしてみてください。

daichou

赤い丸の部分をマッサージするのですが、図の通り、大腸もけっこう上の方まである事に気づくかも知れません。具体的には赤い丸の部分を目安に、右側は骨盤のすぐ上の部分、左側は肋骨の下の部分を手で挟むように(左側は片手の方がやりやすいです)マッサージをしてください。けして強く揉もうとしないで、軟らかくマッサージしてください。温まっている方がいいので、お風呂あがり、または入浴中でもかまいません。お腹が痛い等あればよしてください。

これによって大腸の蠕動運動を少しでも促し、内容物をしっかりと運べるようにしてください。

・ストレスをためない

ストレスによって過敏になりやすいのも、腸の特徴です。東洋医学のところでも書きましたが、心、精神活動などの影響を受けるのも小腸の特徴でした。自分なりのリラックス方法を実施してください。

その他にもあるのですが、まずは出来るものがあれば実施して腸の健康を考えてみてください。