皆さんは朝食をしっかりと摂っていますか?それとも摂らないですか?ちなみに、私は朝食を食べている人です。

健康のアドバイスをする際に、食事の事を治療院で話す事も多くあります。決まり文句のように「バランスの良い食事を」という言葉を出す事もあります。このバランスというのは多くの場合、栄養素時にバランスを考えるという事が基本になっています。たんぱく質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、食物繊維、水、これらをいかに「バランス良く」摂るかは重要です。

書店、ネット、口コミ様々に健康になる為の食事に関係する本を見つける事が出来ます。どれも筋が通ってそうな事が書かれています。しかし、それらの情報が多ければ多いほど、絶対的にこれが正しいという食べ方が確立されていない事を示しているように思います。結局、結論から書くと、自分の判断という事にたどり着くわけです。その判断には施術者としてNOを突き付けることは出来ないですし、小さな改善点をお伝えするにとどまっているのも現状です。

今回のテーマは「朝食」です。健康になりたいのであれば朝食は食べるべきではないという意見が少なからず出てきていますので、その点を書いてみようと思います。

朝は排泄の時間

朝食を食べない方には、朝をこのように定義している方もいらっしゃいます。以前、腸の話をブログで書きましたが、やはり排泄がうまくいっている方が、腸の環境の良くなりますし、排泄を決まった時間帯に出来ることは素晴らしい事です。では、なぜ朝は排泄の時間なのでしょうか。これには食べ物の消化と吸収の時間が関係します。

無題

食べたものが液体なのか、固体なのかによってこの時間には差が出てきますが、おおよそ上の図のようにそれぞれの内臓でとどまる時間が出されています。これから、食べたものが排泄されるまでに18時間弱から35時間強が必要となります。

つまり前回食べた物を排泄するためには最低でも18時間は必要となります。なぜ朝は排泄の時間なのか、例えば前回の食事、つまり前日の夕食を19時に食べたと仮定したら、それが排泄されるには18時間は必要なわけですから、13時がタイミングとなります。もし朝食を食べてしまうと内臓、とりわけ胃が働かなくてはならなくなり、せっかくの消化吸収、排泄に全能力をささげようとしている所に余計な負担がかかります。内臓だって絶えず働くよりも少し休みたい、でも1日3食食べるとどうしても、消化から排泄までの時間が足りなくなってしまいます。そこで、朝食を食べないようにすることで、内臓も休まり、消化から排泄までをスムーズにできるようになります

モチリン

モチリンというのは小腸から出される消化管ホルモンです。お腹がすいた時等にお腹が鳴るという経験はあると思いますが、それを出しているのがこのモチリンというホルモンです。これが働くと、胃から盲腸の前(小腸の最後まで)を収縮させることになります。この収縮時の音がお腹の音になります。そして、この収縮が腸の働きを活性化させて便通をよりスムーズにしてくれます

このモチリンは、食事をしてからおよそ8時間空かないと分泌が促されない事が分かっています。先ほどの例で19時に食べたら、午前3時くらいから分泌が促されることになります。食べ物の通過時間にしたら、丁度小腸に到達した頃からという事になります。朝食を摂らない事によって、モチリンの働きが最大限活かされるようになり(胃から盲腸までの収縮は約100分間隔で起きます)、腸内環境をより良くしてくれるとされています

朝食を食べない事で、排泄をスムーズにし、胃腸の負担を抑え腸内環境を整える。これが朝食を摂らないメリットといえます。

朝食を食べる事のメリット

朝食を食べる事で排泄がうまくいくと考えている方もいらっしゃいます。確かに、身体の反射の1つに、胃腸反射があります。食べ物が胃に入ることで胃壁が伸ばされ、それが腸に伝わり蠕動運動が活発になるというものです。

また、朝食を食べることで脳や筋肉のエネルギー源であるブドウ糖を供給できて、集中力と活動力につながる。力が発揮しやすくなるというのも朝食を食べる意義と考えられていると思います。

確かにこれらは間違ってはいないと思います。しかし、朝食を食べない事によって健康な身体を得ようとする方々にとっては次の様な考えがあるようです。

胃腸反射を利用した排泄促進ですが、これは水分を寝起きに摂ることで解消できるというものです。これも確かに寝起きに水分が胃壁を刺激すれば胃腸反射は起こされます。ただし、この時に冷たい水を飲むとかえって胃壁に負担をかけやすくなりますので、常温の水が望ましいです。また、このタイミングで野菜ジュースを飲んでもいいと思います

次にエネルギー源ですが、朝食を食べることで脳や筋肉のエネルギー源であるブドウ糖が供給され、午前から頭が良く働くということですが、確かに脳や筋肉においてそのエネルギー源はブドウ糖です。しかし、脳において朝食からブドウ糖が供給されないとβ-ヒドロキシ酪酸が50%、α-アミノ窒素が10%、アセト酢酸が10%、ブドウ糖が30%の割合でエネルギー源になると言われています。聞き慣れない言葉が並びましたが、ケトン体という言葉はいかがでしょうか?β-ヒドロキシ酪酸、アセト酢酸がケトン体と呼ばれるものです。これは体内で脂質やアミノ酸の分解時に生まれてくる物質ですが、今まで、脳のエネルギー源はブドウ糖と言われていました。これはこれで間違えがないのですが、最近ではケトン体もエネルギー源となる事が分かってきています。もともと、脳に至る血管には関所(脳血液関門)があり、ブドウ糖はそこを通りぬけられるが脂肪酸は通り抜けられない、だからブドウ糖がエネルギー源と言われていました。しかし、この関所をケトン体も通り抜けられることが分かってきました。そして、極端な例では断食を行った際には脳のエネルギー源の60%がケトン体であったという事も出てきています。また、筋肉もケトン体をエネルギー源として活用できます。

だからブドウ糖は供給されなくてもいい、これも極端な話です。もちろん、供給されなくても体ではブドウ糖を作り出す事ができます(これを糖新生といいます)。しかし、それを作り出すのも、様々な栄養素ですので、ブドウ糖を作り出す材料供給の意味でも食事には意味があります。また、ケトン体は酸性物質ですので、こればかりを利用することはできません。身体は極端にアルカリ性でも酸性でもその機能を停止してしまいます。要は、朝食を摂らなくても昼食や夕食からそれらを確保しておくことで問題はないという考え方があるのだと思います。

朝食を食べる事に意味があるかもしれませんが、朝食を食べない事でも補完できるという事も言えそうです。

ここまでのまとめ

朝食を食べない事によるメリットは、「内臓を休める時間を確保」したり、「排泄時間帯に胃を過度に働かせない」事につながったり、「モチリンの分泌を十分行わせる」事ができるなど、内臓のリズムとしては非常に有効であると言えます。

食べることには排泄の促進とエネルギー源の確保がありましたが、朝食を抜いてもそれらはやり方次第で補完できる可能性が高い。

この2つを比較してどちらを選択するかは個人の判断だと思います。ただ、朝食を含め、1日3食バランスよく食べるという既成概念を変えてみた時に健康の手助けになる事もあるという事は言えそうです。とはいえ、私個人は最初に書いたように朝食を食べるのですが、これにはまた違った観点があります。まとめてしまうと、しつけとホリスティック栄養学という事ですが、これを書くと更に長くなるので割愛します。

朝食を抜くコツ

今まで朝食を食べていた人が急に朝食を食べなくなると、それは弊害となります。午前中力が出ない、集中力が保てない、お腹がすく等など。何事も急に行っては駄目です。

まずは、間食、夜食を食べないようにする。これだけでも十分内臓への負担は減らせます。次に起きがけにゆっくりと常温の水をコップ一杯飲んでみる。そのリズムに慣れたら朝食の量を減らしていく。その分お腹がすくようでしたら、水分をしっかりと補給する。最終的には朝食を食べないようにするというように徐々に新しいリズムを作り出してください。

ただし、現代社会はそんな規則正しい朝食や夕食を食べれる方ばかりではありません。朝食を抜く事は2つの意味がありました。1つは朝、午前中は排泄の時間であるという事。もう1つは前の食事から18時間以上空けることで内臓に休養を取らせるという意味です。夜の付き合いで深夜0時近くに食事をしたら18時間後は18時です。このような場合はあまり厳格に守らなくても遅めに昼食を食べる等臨機応変に行ってください。なかなかリズムが一定ではないという場合は、まずは間食と夜食を抜く、起きがけにしっかりと水分を補給することだけを意識してください

余談ですが、アスリートなど通常の人よりも1日の消費カロリーが多い場合でも、原則朝食は食べなくても良いという意見もあります。この場合も、寝起きの水分補給を忘れず、また野菜ジュースなども摂りながら午前中を過ごし、昼と夜に食事内容に気をつけながら必要なカロリーを摂取するという方法です。

朝食抜きを実行する場合は、失敗してもいいという気持ちで行う事が大事かと思います。人間の3大欲求のうちの1つ、食欲を制限し、コントロールする以上失敗はつきものです。また、今まで朝食を食べていた人が食べなくなることで一時的に体力が落ちたと感じたり、空腹感から集中できなくなる事もあるかもしれませんが、おおよそ2週間ほど続けることでそれも無くなり、身体が軽く感じるようです。何事も地道に行ってみてください。くれぐれも朝食抜きを行い空腹感から昼食や夕食でいままで以上の量を食べる事のないように