前回は糖尿病についての一般的な状態と、果糖と糖尿病の関係を書いてみました。また、運動によってブドウ糖を細胞に取り込むゲートが開くことも書いてみました。

今回は東洋医学的な視点で糖尿病を書いてみようと思います。

東洋医学の糖尿病

東洋医学では糖尿病という病名はありません。しかし、現在の糖尿病と良く似た状態をあらわしているものがあります。それが「消渇(しょうかち・しょうかつ)」というものです。

消渇というのは、「多飲・多食・多尿」を呈しているが、一方で痩せて体重が減ってしまう、「三多一少」という状態です。この状態が現代医学の糖尿病に当てはまるので、消渇=糖尿病という扱いになっています。

消渇とは

消渇を引き起こすのは「です。甘い物を食べ過ぎても熱は胃にたまったり、ストレスを過度に受けることで肝の気がうまく流れず鬱滞することで熱が発生したりもします。もしくは、身体の熱を冷ますもの(水、津液と言います)がなくなってしまう事でも熱は身体の中に溜まります。この熱がどこにたまるかで消渇は「上消」「中消」「下消」という呼び名になります。ちなみに、上は横隔膜から上、中は横隔膜からおへそまで、下はおへそから下を示した位置関係にあります。

消渇イラスト

上焦というエリアに熱が溜まり問題を出すと、多尿、頻尿、多食、多飲等の状態となります。この場合は肺に熱が溜まり起きるのですが、肺は東洋医学では下から上がってきた蒸気を受け止め冷まし、身体中に綺麗な水分を散布するという働きがあります。これが熱でやられると身体に必要な水分が無くなります。

中焦というエリアに熱が溜まるという事はその部分の脾や胃に熱が溜まります。胃に熱が滞るので水分がなくなり便秘などの状態に陥ったり、胃の熱によって食べたものがすぐに消化され、空腹感を感じたり、上手に消化されないので食べても食べても痩せていくという傾向にあります。

下焦というエリアに熱があるという事は腎に熱が溜まるという事です。腎は東洋医学において、先天の氣という両親から受け継いだ氣をとどめます。また腎陰という水分を溜めている場所です。過度の性行為などで腎陰を少なくしてしまったり、ストレスで肝の氣が熱を帯びると肝陰という肝の水分も不足し、腎の水分を更に減らしてしまいます(東洋医学では腎と肝はその源を等しいと考え、肝腎同源という言葉もあります、要はお互い密接に影響しあうという事です)。

原因

消渇は過度の熱が身体の各所に溜まりその熱が、身体の水分を蒸発させる事で身体が水分不足になったり(この事を陰液の不足という事で陰虚と言います)、または身体の水分が足りない陰虚が原因で熱が冷ませなくなり引き起こされます。では、その熱や陰虚という状態はどの様な原因があるかというと、以下の表にまとめてみました。

消渇原因

おもに外的な要因として、身体が過度の風や暑さ、寒さなどにさらされるとそれらの邪気が、個人のおおもとの性質の影響もうけて肺に悪さをしたり、食事の不摂生が胃を痛めたり、過度の労働が脾を痛める、もしくは過度の性行為による腎陰が不足状態になったり、ストレスによる肝への影響が肝陰の不足を招く事で消渇につながります

つまり、表の1番左の状態をなるべく避けるように、適切な衣服や食事、運動、ストレス発散が基本的な養生になります。

食事

ここまでの説明で、消渇というものがどの臓器に対しても最終的には水分不足、つまり陰虚という状態にする事がなんとなしに分かっていただけたかと思います。そこで、消渇に対しての有効な食べ物は、その陰虚を改善させるために、滋陰清熱(陰を補い熱を下げる)や気陰両補(氣と陰液を双方補う)の働きを持った食べ物が理想的という事になります。また油っこいもの、味の濃いものを食べ過ぎることは胃熱の発生につながりますのでほどほどにしなくてはなりません。

滋陰

白キクラゲ、ゴマ、小松菜、豆乳、牛乳、卵、豚肉、鴨肉、ホタテ、牡蠣など

清熱

白菜、セロリ、ゴーヤ、大根、レタス、豆腐など

補気

米、山芋、キャベツ、かぼちゃ、シイタケ、豆類、牛肉、かつお、イワシ、タラなど

養血

ほうれん草、人参、豚レバー、イカ、タコなど

これ以外にもたくさんありますが、代表的なものだけ書き出しました。薬膳に関してはなかなかその作用がたくさんあり、これらをすべて把握して日々の食事に気をつけることはやはり難しいものです。バランスの良い食事というものは栄養素的にという事になるとこれも栄養士の資格を持っている方以外では難しいかもしれません。そこで、東洋医学にある五色という考え方で、「青・赤・黄・白・黒」という色みがあります。今日の食事を一目見て、何となく色が単調な感じがしたら、少しだけ他の色のある食べ物を入れてみても五色的にはバランスが取れるかもしれません。

むすび

前回と今回、2回にわたり、現代医学的な見方と対策、東洋医学的な見方と対策を書きました。糖尿病の患者さんが増している理由は様々でしょうが、出来ることからまずは取り組んで予防、改善に役立てられれば良いと思います。