セルフケアの方法は、その目的によってもストレッチを提案したり、セルフマッサージを提案したりと様々です。今回は足のセルフケアについて書いていこうと思います。

1回目の今回は足の構造について書いてみようと思います。

足の骨

足は立っている状態であれば常に地面に設置している部分です。2本の脚で全体重を支え、歩くことや走る事、ジャンプなどの衝撃にさらされている場所です。その足の骨は下のような構造をしています。

ashinokouzou

足裏骨

上の図は足を甲側から見ています。下の図は足裏から骨を見ている図です。

足は片足で28個の骨で構成されています。両足では56個、全身の骨が成人の場合は206個ありますので足の構成だけで1/4以上を占めています。そして足の骨は2本のスネの骨と足首を作って全身の骨と連動しています。図では内くるぶしと示しているのは2本のスネの骨のうち脛骨(けいこつ)と呼ばれる骨の1部です。対して、外くるぶしと示しているのはもう一方の腓骨(ひこつ)の1部です。この部分と足の骨の距骨という骨によって関節をつくり(距腿関節)足首となっています。

このように形成されている足の骨は大きく3つのアーチで支えられています。

足のアーチ

足のアーチ

大きくは横アーチ(赤いライン)、内側アーチ(緑ライン)、外側アーチ(青ライン)です。全身の体重が足首を介してこれら3つのアーチによって28個の骨に負担を分散してる構造となっています。

もし、このアーチの崩れが起き、上手に負担を分散できなくなってしまった場合、足だけではなく、膝や股関節、腰、肩など全身の違和感や痛み、障害につながっていきます。だからこそ足のケアが重要になります。

今回はここまでです。足の骨はたくさんの骨の集まりが構造的なアーチを作り出し負担分散の役割をしている、それが崩れた時に体のさまざまな場所に負担をかけ、場合によっては障害につながることもあるという事が足のセルフケアの必要の1つです。

今回のブログと関係のある過去のブログ

歩行パターンと膝の障害(ランナーズニー)に関しては過去のブログも参考にしてください。

ランナーズ二―(膝の外側の痛み)

О脚と足のアーチの関係はこちらのブログを参考にしてください。

O脚とセルフケア