花粉症に悩まされることが多くなる季節です。最近はいろいろな対策方法が紹介されていますが、このブログでも何回かにわけて書いてみようと思います。

花粉症の対策として本来は体質改善が根本にあるので長い目で体の状態を良くするきっかけになればいいですね。

今回は花粉症のメカニズム、免疫の誤作動、腸内環境をキーワードに書いていきます。

花粉症のメカニズム

花粉症は、アレルギー疾患の1つです。アレルギーとは、何かに対して過剰に反応する状態で、免疫反応が関係しています。

免疫とは体に入ってきた異物に対しての防衛反応で、ウイルスや細菌など体に好ましくないものが入ってきたときに体を守るための大切な反応です。この免疫システムに関係する細胞が免疫細胞と呼ばれるもので、腸には体全体の70%以上の免疫細胞が集まると言われています(ひとくくりに腸としましたが、小腸がメインと考えてください。大腸の免疫細胞は大腸の一部である盲腸においては免疫細胞があります)。

花粉症は、ウイルスや細菌のように体に有害なものではありません。しかし、免疫細胞による働きが様々な状態を作り出します。言ってしまえば花粉症は免疫反応の誤作動と言えます。この誤作動によって過剰な反応がアレルギー反応です。この時に主に働くのがIgE抗体と呼ばれるものです。粘膜にこの抗体が集まり、花粉がその粘膜にやってくると抗体が反応して周囲の細胞からヒスタミンという物質を放出するように指令を与えます。このヒスタミンが鼻水や涙を引き起こし花粉を排除するようになります。つまり鼻水や涙は体が異物(この場合花粉です)に対して抵抗するための武器のようなものです。また反応の過程で周辺の毛細血管が拡張すると鼻づまりのようになります。

たいていのアレルギー性鼻炎の成分に抗ヒスタミンが使われるのはこのヒスタミンによる鼻水や涙を抑えるためです。

免疫反応の誤作動

なぜ誤作動するのでしょうか。これだけとは言えないかもしれませんが、免疫力の低下が考えられます。では免疫力の低下はどのような原因によってもたらされるのでしょう。

先ほども腸において体全体の7割の免疫細胞があると書きましたが、腸には善玉菌もいれば悪玉菌もいます。都合次第でどちらに傾くかわからない日和見菌もいます。腸で生み出された免疫細胞は腸内において日和見菌や悪玉菌とトレーニングすることで、より正確に、より強く働ける免疫細胞になります。

しかし、最近言われているように腸内環境の悪化はこの生まれたての免疫細胞がトレーニングを積む機会を失わせてしまい誤作動を起こしてしまう免疫反応が多くなる可能性があります。これが最近の花粉症のみではなくアレルギー疾患の増加につながっていると思います。

つまり腸内環境を改善するということは、正しい免疫反応を起こすことができるトレーニング場の整備をすることにつながります。

腸を大事することが免疫反応の誤作動を極力減らすことにつながると思ってください。ちなみに、東洋医学でも花粉症はじめアレルギー系の疾患には腸、特に大腸を考えることが多いです。これに関してはまたの機会に。