治療院に来院される方の多くは、「痛み」に悩まされています。もちろんそれ以外でも、治療院に来られる方はいらっしゃいますが、日常的に感じる不快なものとしてこの「痛み」という事を改善させることを求められるケースが非常に多いです。

そこで今回は「痛み」とはなんであるのかを書いてみようと思います。

痛みとは

痛みは原因別に大きく分ければ3種類あります。

・侵害受容性疼痛(しんがいじゅようせいとうつう)

・神経因性疼痛

・心因性疼痛

特に当院で扱うことが多いのが侵害受容性疼痛です。これは侵害刺激(体に対して障害性のある刺激、痛みを引き起こすような刺激のことです)による痛みです。捻挫による痛みも侵害受容性疼痛ですし、火傷、凍傷による痛みもこれに当たります。

神経因性疼痛は、侵害刺激がなくても神経系の異常による痛み、心因性疼痛は痛みの原因が心理的な要因で起こるものです。

侵害受容性疼痛の種類

おそらく接骨院や鍼灸院に来院される方の多くがこの侵害受容性疼痛によるものと思います。この疼痛には大きく分けて2つの種類があります。

・体性痛

・内臓痛

です。皮膚を刺激して痛みが走る(棘が刺さった、熱いものに触れたなど)という場合は体性痛の1つ表在性の痛みです。それに対して、骨や骨膜、関節包、靭帯、筋、筋膜などの痛みは皮膚などからは深い部分の痛みなので深部痛となります。

内臓痛は、主に中空臓器(胃や腸です)の急激な伸展や痙縮によって生じます。

取り扱う機会が多いのは体性痛ですが、鍼施術などでは、ツボの刺激によって自律神経系統に働きかけ、内臓痛にも効果をもたらします。

痛みはどこからくるのか

「痛い」という感覚は脳が出すものです。例えば足首を捻挫をしてしまったとして、その痛みは捻挫を起こしてしまった場所から痛みを起こす物質(ブラジキニンやプロスタグランジンなど)が、痛みのセンサー(受容器)を刺激して神経を介して、脳まで届き「痛み」がそこで認知されます。それを受けて、脳からは痛みを抑制する物質が出され痛みが緩和される、傷ついた組織を修復するように指令が出されるというのがざっくりとした流れです(脳まで行かず脊髄に到達するところで反射的に痛みを抑制させるルートもあります)。

なぜ痛みは続くのか

怪我をしてしまいその部分が2,3日痛むことは普通のことです。むしろこの時期は急性期と呼ばれ組織を治すために様々な物質が働き修復させる初期の一番大事な時期で、炎症が起きている時期です。

炎症は、組織が治るためには必要な反応です。この3日ほどの間はできれば傷ついた組織を安静に保つことが肝心です。この時期の痛みは組織を動かさないでほしいための体からのサインとなります。

急性期を過ぎ、組織の修復がすすみ本来ならば、機能も回復してもいい時期(これはどのような傷害を受けたかによって違いますので、一概にいつまでとは言えない部分です。捻挫でも軽度のものから重度のものまで回復に差があります)になっても、痛みがなお残ってしまっているケースがあります。

この慢性的な痛みはどうして起こるのか、これが「痛みの悪循環」というものです。

痛みの悪循環

急性期の痛みが、本来治ってもよりくらいの時間を経過しても痛みが残存していると慢性の痛みとなりますが、これは単に時間的な経過によるものだけではなく、損傷してしまった部分において通常の治癒過程からは外れた生理反応が原因となっています。

外傷や疾病などによる痛みによって自律神経の1つである交感神経が興奮します。すると血管の収縮に伴う血流の不足や筋肉の攣縮(持続的な収縮)によって組織の損傷とは違う痛みが出ます。さらに虚血(血液不足)状態は組織の酸素欠乏状態をもたらし、発痛物質や痛みに関連した代謝産物を蓄積させ痛みを増幅させます。また、交感神経の興奮自体が知覚神経の過敏化をもたらします。これらの現象により、契機となった痛みより、程度や範囲の点でさらに強い痛みとなり、性質も変化します。

痛みの治療

痛みをコントロールして改善させるには痛みを抑制させる必要があります。これには侵害情報の伝達・伝導系を遮断させたり、下行性抑制系(脳から末端の痛み物質を出してる部分に対して痛みを抑制させる流れを言います)、内因性鎮痛物質(体の中から痛みを抑制させる物質のことです)、体性刺激による鎮痛効果などを利用し、薬や外科的な処置、電気治療などの物理療法、鍼、運動などによる理学療法など様々な方法がとられます。

まとめ

痛みは原因別に3つに分けることができます。

・侵害受容性疼痛 ・神経因性疼痛 ・心因性疼痛

侵害受容性疼痛は体性痛と内臓痛に分けて考えられ、体性痛は皮膚表面など浅い部分の表在性の痛みと、筋肉や、骨など深部の痛みに分けることができます。

慢性的な痛みが起きている時は、受傷した部分の血流低下によって、痛みを発生させる物質がとどまることで痛みが持続し、同時に血流低下によって酸欠状態になることで痛みが増したり、交感神経の興奮によって通常よりも痛みが感じやすくなります。

参考ブログ(過去のブログから)

足首の捻挫とクライオキネティクス