本来、春の特徴は「発陳」つまり様々なものが冬にため込んだエネルギーを発散させて芽吹かせるという季節です。そして夏は「蕃秀(ばんしゅう)」、これは生長、芽吹いたものが茂り華やかに咲く事です。これを身体に当てはめると、冬にはあまり汗をかくような激しい運動で身体の氣(陽氣)を外に出さずに身体にためておくことで、春にその氣を使い、活動的になり、さらに夏も陽氣を発散させるように汗をかくようにしていくことで、身体のエネルギーを効率良く使えて健康管理に役立ちます。

しかし、この夏に氣を発散させずにいると陽氣が身体に溜まり、それが肺に溜まると空咳となって秋にまで影響を出してしまいます。また、溜まった陽氣は、皮膚から汗と共に出て、身体の老廃物を外に出すとともに、皮膚のトラブルを引き起こしやすくなります

タイプ別皮膚トラブル

ここでは、皮膚のトラブルを東洋医学的な原因から分けてみようと思います。

湿の影響(湿邪)

日本の夏は、湿気を多く含み、身体も湿を受けやすくなります。この湿邪による皮膚トラブルとしては

ジクジクとする皮膚の状態

下半身に多くでやすい(湿は水分を含み重いので身体の下の方にトラブルが出てきやすくなります)

という事になります。また、湿邪は脾や胃を侵しやすいので胃腸等の消化器系統のトラブルも併せて出やすくなります。

暑の影響(暑邪)

熱の影響を受けてトラブルとなるのは熱邪、または暑邪の影響ですが、これらが皮膚に停滞すると

皮膚に熱感を感じる

皮膚に赤みや痛み、炎症を生じさせる

などのトラブルが起きます。また、熱の影響でニキビなども化膿しやすく、身体は尿の色が濃かったり、口の中が渇くなどの症状が出やすくなります。

風の影響(風邪)

皮膚のトラブルの多くはこの風邪が影響していると考えられています。これは、風の邪気から守る防衛線が人間の場合は皮膚、粘膜であるためです。風邪が身体に入りこむと、まずこの皮膚や粘膜の氣や血の流れがわるくなり防御力が衰える、言ってしまえば、皮膚のトラブルの初期段階とも言えます。

身体の様々な場所が痒みを感じる(風邪は風の性質上動き回るからです)

・特に上半身に影響が出やすい

発疹が出ては消えるという事を繰り返す

などが状態となります。風邪は変化が大きく、症状も安定しませんが、先ほど書いたように皮膚トラブルの初期段階ですので、ここでうまく食い止めて慢性的な皮膚トラブルにつながらないようにしないといけません

燥の影響(燥邪)

夏から秋に移行する際に乾燥の影響を受けやすくなります。特に、慢性的に皮膚トラブルを抱えると、皮膚の血分や水分が足りない(東洋医学で言う所の「陰虚」)状態になり、身体に影響を与えます。

皮膚の乾燥

乾燥による痒み

その他、口や鼻の粘膜が乾燥しやすくなる、水分が足りない事による便秘傾向などがあげられます。

タイプ別対処法

相性相克

以前も乗せた図ですが、東洋医学の五行説というものにのっとってお互いの関係をあらわしたものです。これから、それぞれの養生のヒントを書いてみます。

湿邪による皮膚トラブル

湿邪は脾や胃に影響を与えます。上の図では黄色の部分です。この中に「甘」という味に対してのものがあります。この甘味のある食べ物は脾や胃を滋養してくれます。そこで、湿邪の影響を受けている場合は「甘味のあるもので、利水(身体から水分を出す)効果のある食べ物がいい」という事になります。

具体的には、ハト麦オオバコ、緑豆、冬瓜、小豆、もやしなどです。

身体の余計な水分やそれにまつわる東洋医学的な原理、状態そしてセルフマッサージについては

体の水 東洋医学的考え方とマッサージライン

こちらの記事も参考にしてください。

暑邪による皮膚トラブル

暑邪、熱邪は夏、上の図ですと赤い部分です。味としては「苦み」のあるもの。ですので、身体の熱を冷まして、利水効果のある食べ物が良いと思います。

具体的には、ゴーヤ、レタス、スイカ(スイカは赤い部分よりも皮と実の間の白い部分が利水効果が高いです)、緑茶など。

風邪による皮膚トラブル

風邪は上の図では青い部分。つまり肝や胆に影響を与えやすくなります。また、先ほども書きましたが、風邪の第一防衛線は肺なので肺は上の図では白い部分。そこで、酸味のある食べ物と辛味のある食べ物が肝や肺を強め、風邪からの防御力に役立ちます。しかし、辛すぎる食べ物は身体にとって血行を促したり、皮膚のトラブルを助長してしまいますので、辛すぎる物は避けてください

具体的には、シソ三つ葉、香菜などは辛味ですし、酸味は、ぶどう、リンゴ、レモン、トマト、キウイなどがこれにあたります。

燥邪による皮膚トラブル

燥邪は秋の邪気、夏から秋にかけての乾燥を身体を潤して守らなくてはなりません。上の図では白い部分がそれにあたります。先ほどの風邪でも書きましたが肺に影響のあるのがこの燥邪です(肺は潤いを好みます)。そこで、肺の働きを助けたり、身体の水分(津液といいます)や血を補う事で身体を潤さなくてはなりません

具体的には、大根れんこん、山芋、豆腐、梨、柿、ユリ根、白ゴマ、牛乳などです。

皮膚のトラブルにも季節の影響、気候の影響を考えた養生をしておくと少しは助けになるはずです。ご自身のタイプを見極めて養生してください。